透湿防水遮熱シート・タイベックシルバー

登美代がお勧めする
デュポンTM透湿防水遮熱シート・タイベック®シルバーは、高性能の透湿防水遮熱シートです。


6月26日、この程旭デュポンフラッシュスパンプロダクツ株式会社より他社製品との暴露実験の報告書が届きましたので皆様にお伝えいたします。
デュポン製品と他社製品の違いを簡単に申し上げますと…
  1. 表面(アルミ)部分の耐久性が全く違う「コーティングがされていないもしくは耐久性が著しく悪い」
  2. デュポン以外の劣化した遮熱シートは全くと言っていいほど「遮熱効果はない」年々暑くなる住宅?クレーム問題にならないのか?
  3. アルミ蒸着+特殊コーティング(国際特許)で科学に裏付けされた技術とDATAをもっている。「世界NO1ブランド」

遮熱シート各社劣化加速試験結果 

昨今の長期優良住宅化やフラット60などの住宅業界は著しく変化し、高耐久化が求められていますが、その中で168時間程度の実験で耐久性を失う商品でいいのでしょうか?

他社製品をお使いのお客様に是非教えてあげていただければ幸いです。

今後もデュポン製品の拡販の程よろしくお願い申し上げます。


6月18日、「住宅瑕疵担保履行法」施行に伴い、日経ホームビルダー6月号にタイベックRシート関連の記事が掲載されており、それに関連してメーカーのユーザーサポート頁から以下の施工マニュアルなど資料をダウンロードできますので是非ご利用下さい。

デュポンTMタイベックRシートユーザーサポートご案内

●通気層構法・施工上の重要ポイントについて
●タイベックRシートの正しい施工法について
●デュポンTMタイベックRシート施工完了チェックシート


タイベック®シルバーは、高密度ポリエチレン不織布タイベック®にアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんにアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施した遮熱シートです。薄い防水フィルムに透湿アルミニウムを挟んだだけの他社製品とは異なり、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない、強靭な建材です。
tyvek_img_1

快適・長持ちを実現するタイベック®シルバーの6つの性能

images02

遮熱耐久性 アルミニウムの酸化劣化を防止
アルミニウムは、高い赤外線反射率を持ち、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を活かしたタイベック®シルバーは、赤外線反射率約85%(=赤外線放射率約15%)※という、高い遮熱性を有しています。夏は屋外(外装材)からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

images03
※デュポン中央研究所における測定結果による

実験映像はこちら

content_lead_text02
真夏の通気層は、50℃を超えたり、湿度が90%に達したりすることがあり、非常に厳しい環境になります。アルミニウムは劣化しやすい素材のため、この厳しい環境に対して技術的な対策を取り、耐久性に問題がないようにする必要があります。タイベック® シルバーは、独自の構造と抗酸化樹脂コーティングにより、酸化劣化を抑え、建材として充分な耐久性を確保しています。

taikyu
他製品との比較はこちら
images04

content_lead_text03
透湿性のないアルミシートでは壁体内の湿気を閉じこめてしまい、結露のリスクがありました。タイベック®シルバーなら、無数に存在する繊維の隙間から湿気を逃がし、通気層内の湿気のこもりを防ぎます。 tyvek_img_10

content_lead_text05
透湿・防水シートは、熱と紫外線の影響により、劣化が促進し、耐水圧が低下してしまいます。タイベック®シルバーはアルミニウムを蒸着し、抗酸化樹脂でコーティングが施されているため、従来のタイベック®ハウスラップにも増して高い防水耐久性を実現しています。

劣化試験
旭川市の建物に施工され、18年経過後のタイベック®ハウスラップ。厳しい風雨や雪の中、断熱材は保護され、ほとんど劣化していません。
taikyu

content_lead_text06
タイベック® シルバーは施工中の多少の引っ掻きや引っ張りにも耐える強度があり、タッカー穴の広がりも軽微です。

新規拡販キャンペーン
タイベック®シルバー新規拡販キャンペーン